2012年09月20日

TTHルーキーズマッチVol.2参加レポート




シューティングを愛する皆様、こんにちは!
JTSA情報部です。

先日マッチレポートを掲載させていただきました、チームトリガーハッピーズ(以下TTH)さんの初・中級者向けシューティングマッチ「TTHルーキーズマッチ」。
シューティングマッチとしては異例のチーム戦方式が採用され、好評のうちに終了いたしました。


そして9月17日(月)、内容をさらにパワーアップして、早くも第2回が開催されました!
今回も引き続き参加させていただきましたので、その模様をレポートいたします!




舞台は前回と同じく、赤羽フロンティアさんのシューティングレンジ。
今回も7名1組のチーム戦で、TTHメンバーを含めて4チーム28名が参加いたしました。
スピードシューティングマッチ初参加の方からサバイバルゲーマーの方、APS等の精密射撃専門の方まで、様々なタイプのシューターが集う、賑やかなマッチとなりました!












チーム代表:nakitaさん

TTHメンバーのみなさん







参加者のチーム分けは、スティールチャレンジの「FIVE TO GO」ステージの3ストリングを撃った成績を元に、各シューターが均等に配分されます。

そして、赤、青、黄、白の4チームが決定し、
開会式の後マッチ本戦がスタートです!




Stage 1は、シューティングの基本中の基本、フォーリングプレート!
チーム全員で倒したプレートの総枚数がそのまま得点となり、順位が決まります。
前回は4m、6mの各1シュート(フリースタイル6発制限)計2シュートだったのに対し、今回は4,5,6mで各1シュート(フリースタイル6発制限)。
撃ち直しはNG。
各シューターが撃てるのは3シュート計18発なので、シュート数が多い分、安定した射撃ができるシューターに分がありました。












シュートオフステージが終了した時点での成績は、、、、
1位 赤 5Pt
2位 黄 4Pt
3位 青 3Pt
4位 白 2Pt

赤チームがトップ!
プレートを倒した数は赤チームがダントツですが、実は2~4位は、プレート1~2枚差での大接戦!






第2戦はシュートオフ対決!
マンアゲインストマンマッチとも呼ばれる、1対1の対決型マッチ形式です。
左右対称に配置された可倒式プレート(ペッパポッパー)やボウリングピンを全て先に倒した方が勝者となります。
ルーキーズマッチVol.2独自のルールとして、手前のフォーリングプレート6枚を全て倒し、
前へダッシュ!
前方エリアで必ず1回リロードしてから残りのペッパーとピンを全て倒してフィニッシュ、というアクション要素も加わったCOF(撃ち方のルール)で、アドリブ力も問われます。
前進の際はサイドのバーをくぐって前に出なければならず、しかもバーの上にはボールが!!



バーに触れてボールを落としたら、ボールを元の位置に戻さなければならないので、慎重さも求められるのです。


対戦はチームメンバーを前半組4人と後半組3人に分かれ、それぞれ対戦。総合の勝利数が多い順で順位が決定します。
左右どちらで撃つかはジャンケンで決めます。









シュートオフを経て、現在の総合成績は、、、、
なんと!



1位 青 8pt
2位 赤 黄 白 7pt

青チームと白チームの対戦時に、両者ともペッパーを撃ち漏らしてフィニッシュして引き分けになった試合があったために同ポイントフィニッシュが発生し、結果として総合ポイント数で、1位の青チーム以外全部2位という混戦状態。
全く先が読めない展開!



第3戦はスティールチャレンジ対決、「Smoke and Hope」でのタイム計測です。
左右対称に大型のラクトアングルターゲット4枚、中央にストッププレートというシンプルなステージですが、ターゲットが大きい分飛ばしすぎてストップを撃ち損じ易いのがネックです。
チーム全員のトータルタイムが早い順に順位が決定します。






第3戦が終了した時点での総合成績は、、、

1位 青 白 12pt 
3位 赤    10pt
4位 黄    9pt

1位と4位は3点差の超接戦!まだまだ逆転可能な展開が熱い!




続いての第4戦は、精密射撃テイストのブルズアイマッチ!!
黒い円は6種類、大きい円から1点、2点、3点、5点、7点、10点が設定されており、
命中した総得点数でランキングが決まります。
各シューターの持ち弾5発でどの得点圏を狙うかが鍵となります。
己の腕と銃を信じて10点圏を狙うか、安全かつ地道に低得点圏に集弾させるか、
個性が一番反映されるマッチかもしれません。









ここまでの総合成績は、、、
1位 赤 白 15pt
2位 青    14pt
3位 黄    13pt

2位3位に甘んじていた赤と黄チームが第4戦で健闘、ポイント差がさらに縮まり、
接戦のままラストステージへ突入!





いよいよ最終ステージはリレーマッチ!
リレーマッチとは、レンジにランダムに配置された1から7まで番号が振られたターゲットを、1番手は1のターゲット全てを倒して2番手のシューターに交代、2番手は2のターゲットを全て倒して交代していき、7番目のアンカーが撃ち切るまでのタイムを争います。




このマッチのポイントは、シューターが交代する際にガンをアンロードしなければならないというルール。
自分のターゲットを全て打ち終えたらタイマーのスイッチを押してアンロードしてガンクリア状態にし、タイマーのブザー
が鳴ったら、次のシューターと交代ができます。
タイマーは5秒に設定されており、素早くガンクリアできても最低5秒拘束されるので、お作法に慣れていない初心者の方が不利にならないレギュレーションになっているのです。




ガンクリアしたら、次のシューターとタッチで交代!
1→7の順番で的が小さくなっていくため、得意不得意で順番を決めるのも戦略の一つです。



リレーマッチを終えて、総合結果は、、、
1位 赤チーム 23pt
2位 青チーム 20pt
3位 白、黄チーム 17pt

赤チームの優勝!!

しかしながら、白、黄チームが同点だったため、急遽3位決定戦で「ヘッドショット早打ち対決」が開催!
選抜された代表1名が、初弾ヒットの速さで雌雄を決します!





緊張感のある早撃ち対決の結果、0.1秒差で白チームの3位が確定しましたー!
ちなみにこのヘッドショットマッチ、好評につき正式種目に昇格したそうですw


競技終了後はお楽しみの景品大抽選会。
毎回豪華商品の数々にため息が漏れます。







早くも第2回を迎えた「TTHルーキーズマッチ」、シューティングマッチでは異色のチーム戦を取り入れてシステムも熟成、
ゲーム性の高いマッチメイキングが魅力のイベントでした!
第3回の開催も楽しみですね!!

TTHさんでは、ルーキーズマッチの他にも、リボルバー限定マッチやコンシールドマッチなど、バラエティに富んだマッチを開催されております。次回は10月末に予定されているとのことですので、詳細はTTHさんのブログをチェックしてみてくださいね!



最後に、参加させていただきましたTTHの皆様、ありがとうございました~!






同じカテゴリー(マッチレポート)の記事画像
テストマッチ”リミティッド”&セミナー マッチリポート
アンリミティッド2015 アフターレポート後編
アンリミティッド2015 アフターレポート前編
C-MORE CUP UNLIMITED 2014 アフターレポート1
PTS チャレンジ 動画up!
TTHルーキーズマッチ!
同じカテゴリー(マッチレポート)の記事
 テストマッチ”リミティッド”&セミナー マッチリポート (2015-11-27 22:00)
 アンリミティッド2015 アフターレポート後編 (2015-05-26 22:00)
 アンリミティッド2015 アフターレポート前編 (2015-05-24 23:30)
 C-MORE CUP UNLIMITED 2014 アフターレポート1 (2014-04-26 15:57)
 PTS チャレンジ 動画up! (2012-11-27 10:00)
 TTHルーキーズマッチ! (2012-08-04 06:25)

Posted by JTSA  at 02:02 │マッチレポート